不要な着物、想い出の着物、売るなら【バイセル】

着物買取 形見

母親や祖母の想いでの品や形見の中に、着物がある場合もあると思います。

今よりも祖母の時代の方が着物が身近だったのか、時々着ていた記憶があります。

お祝い事では着物を着ていたような。


なので、着物は大事な形見です。

思い出もあるし、祖母や母が大事にしていたものなので、大事にしたいものです。


同時に、せっかく大事にしてきたものだから、ほとんど着ることなくタンスの奥に保管しておくくらいなら、気に入ってもらえる人に使ってもらった方が本望かなとも思います。

なので、着物をリサイクルか着物専門店に売って、他の人に使ってもらった方がいいのかなとも思います。


思い出は心の中に残るといっても、着物を売ると戻ってこないので、着物買取をするときは慎重になった方がいいですね。

あとでやっぱり売らない、となってもキャンセルができず、トラブルになる可能性もありますので。


ただ、遺品整理や生前整理のときはあまり余裕がないかもしれないですので、信頼できる人に相談してみるのもいいかもしれません。