不要な着物、想い出の着物、売るなら【バイセル】

着物買取 コツ

着物買取を依頼するとき、どうせなら高価で着物を売りたいですよね。

できるだけ高値で買い取りをしてもらう、高い査定額をつけてもらうコツをまとめてみました。


・着物の手入れをきちんとする
着物の状態によって、買取価格が変わってきます。
着物は長期間保管することが多いので、ちょっと来た時に付いた汚れがシミや目に見える汚れになります。

シミになると取れなくなり査定額に響きますからね。


・全国規模の着物買取専門店に依頼する
全国規模の方がネットワークが大きいから、それだけ高値がつく可能性が高いです。

その中でも、相見積もりをした結果、バイセルが一番高値だったという口コミが多かったです。


・キャンペーンを利用する
買取業者によっては、高価買取を実施しているところもあります。

福ちゃんでは初めての利用や複数の着物の買取依頼では買取価格をアップするキャンペーンを実施しています。

ヤマトクでも創業25周年記念で買取価格アップキャンペーンをしています。


あとは、リサイクルショップや質屋よりは着物買取専門店を利用するというのがコツでしょうか。

どんな着物なのかにもよるので、気になる方はバイセルなので無料査定をしてもらってはいかがでしょうか。

着物買取 ヤマトク キャンペーン

着物や和装小物をなんでも買い取ってくれる、着物買取のヤマトク。

ヤマトクが操業25周年記念キャンペーンとして、査定金額20%増しでの高価買取を実施中です。


買取価格が2割増しはかなり大きいですね!

口コミや評判を見ていると、買取額はバイセルや福ちゃんの方が高値のようですが、キャンペーン中ならヤマトクも同じかそれ以上になるかも。


高値がつかなくても引き取ってもらえるので、あまり価値がわからないけど処分したい、整理したい着物があれば宅配査定をしてみてはいかがでしょうか。




着物売るならヤマトクへ



着物買取 福ちゃん 遺品整理

着物買取業者の福ちゃんの公式サイトを見ていたら、遺品整理もしていました。

遺品整理をしてくれる業者はほかにもあると思いますが、福ちゃんのいいところは買取と遺品整理をダブルでしてくれるところ。


遺品整理は遺品を処分するので、処分費用としてお金がかかります。

処分するときにもお金がかかるというのはあまり想定していないので、予定外の支出になるし、けっこう打撃があります。


福ちゃんでは着物以外にも貴金属や骨董品なども買取しているので、遺品整理のときに

「これ、価値があるので買い取りますよ!」

というのがあれば、買い取ってもらえます。


買い取ってもらえたら、買取価格の分がプラスになるので、実質の処分費用が少なくなります。

買い取ってもらったものは必要な誰かの手元にいくわけですし。

Win-Winだな、と思います。


着物買取 評判がいい

着物買取業者の気になる評判。

いろんな口コミを見て、評判がいいところを探してみました。


着物は高価、というイメージがあるので、できるだけ高価で買い取ってほしい。

高価買取で評判がいいのはバイセルですね。

無料査定に出して査定額が高かったのがバイセルでした。


出張査定は準備がほぼ不要なので便利ですが、気になるのは査定員がどんな人か。

査定のときに家の中に上がるなら、女性の方がいい。

女性の査定員を希望できるのも、バイセルのいいところ。


逆に、着物を高価で買い取ってほしいというより、大量にあって処分に困るから、安くてもいいから買い取ってほしい。

それなら、ヤマトクが評判いいです。

バイセルは価値がつくような着物は買い取るけど、値がつかないような着物や小物は買い取ってもらえないようです。

ヤマトクなら、値がほとんどつかないようなものでも買い取ってもらえます。

せっかくなら捨てるより、リサイクルで誰かに使ってもらえたら、と思うと本望ですよね。

なんでも着物買取するなら

着物買取の口コミを見ていると、高値がつくこともあるが、思ったよりも安いという感想もありました。

着物自体が高級なイメージがある分、期待してしまいます。


着物買取する動機は、着物を整理したい、現金化したい、処分したい、だと思います。

高値がつく着物をより高く売るのと、
あまり値がつかなくてもいいから処分したい
のどちらかで、選ぶ着物買取業者が異なってきます。


より高価を狙うならバイセルか福ちゃんが評判がいいみたいです。

その分、値がつかない着物は引き取ってもらえないので、処分したいというときには不向きかもしれません。


安くても、値がつかなくてもいいから引き取ってほしいなら、ヤマトクがいいかと思います。

着物以外の帯などの和装小物も買い取ってもらえるのですごく便利です。


自分の場合がどちらかわからない場合は、複数の業者に相見積もりしてみてはいかがでしょうか。